あの日の『おいしい』を、これからも。